FC2ブログ

獣の奏者 エリン 【アニメ感想④】 -完-

     獣の奏者 エリン / 全50話 <2009年4月~2010年3月・再放送>

         ※40~50話 <2010年1月~3月・途中感想> 
         ネタばれあり☆お気を付けて下さい 


一年分を区切って観続けた『エリン』も、遂に最終回!
ラストの感想、4クール目…いってみましょう。


完結編という事もあり、どの話もズッシリとくる内容ばかりでした。
全てを知った真王様が早々に崩御され…。
そこから先は、陰謀が渦を巻く内容に切り替わり…。
抵抗するエリンが、その渦中に引き込まれる様は可哀想でした。


それでも、最後までエリンは、出来る限りの事をし、動き回り、飛び立ち…。
真っ直ぐな気持ちが、本当に美しかったです。
観ていたら、ちょっとだけ勇気と力を貰った気がしました。


この様な形で、エリンが戦いに借り出されるとは思わなかったけど。
お陰で、ダミヤの策略を阻止出来たのは、良かったです。
しかも…イアルとの気持ちが深まり、何だか素敵な雰囲気に。
王宮でのいざこざが無ければ、恐らく二人の仲は知り合い程度に終わっていた筈。
辛くて悲しい事、苦しみも沢山あったけど、結果的には良かったのかな。
最後まで、本当に目の離せない、大人も子供も楽しめる素晴らしい作品でした!


観て正解の心に残る…そして、人にオススメ出来るアニメです。
(因みに原作は、未だに未読…それでも楽しめます♪)


以上が、4クール目全体の感想です。




さて、ここからは…お待ちかね(←思い込み)のダラダラ感想
細かい思いを書き綴っていきましょう。





まずは、エリンですね。
あのリランに、指を3本も食い千切られたのは、ショックでした。
王宮からの使いが来なければ、こんな事にはならなかったのに…。
指が無くなっただけではなく、リランとの信頼も薄れ、嫌でも音無し笛を吹く…。
本当に悲しく、辛いシーンが続きました。
指を隠す手袋と母の形見の腕輪をはめる彼女を見ると、泣きそうになります。
(そういえば、腕輪をはめたのは初かな。)

長い時間をかけ、築き上げてきた関係だったのに、悔しいですよね。
エリンが、リランに対して話す口調も厳しく怖いし…。
言う事を聞かない時は、音無し笛を出して脅さなければならないし…。
今までやった事無いのに…。
だからこそ、最後の…リランがエリンを救い出すシーンは、感動でした。
一言では表せない気持ちに溢れ、胸が熱くなるくらい素晴らしかったです。

あとは、少しずつイアルと心の距離が縮まっていく場面にも感激しました。
こんな風に爽やかな、軽いタッチの恋愛が大好きです♪
お互いの呼び方も良かったです♪♪
時間の余裕があったら、もう少しだけ二人のシーンが観たかったな~☆

ラストは、母になって登場しましたが…父親は勿論、イアルですよね?
はっきりとした描写は無かったけど、そうとしか考えられませんし。
けど、出来ればジェシと両親が戯れている方が良かったなぁ。
んー、でもそうするとエリンと母親のシーンと重ね辛いか…。
兎に角、あの二人が困難の末、結ばれたのは感動です

そういえば、エリンは母と同じ髪型になってましたね。
こういうトコロにも、ウルッときてしまいます。
あっ、未来でも王獣の世話が出来てて良かったなぁと思いました。



そして、イアル
最初から最後まで、カッコいい人でした。
声が鈴村健一さんというのもあったけど、外見・内面全てが素敵!
自分は、メロメロ・ヘロヘロ、完全に骨抜き状態でした。

毒を飲んでも戦い、傷ついたらエリンの元へ…。
手当てをして貰った後、エリンを軽く抱きしめたシーンにはドキドキ。
彼女の傍で、安心して眠ってしまうのも「特別だからよね?」と嬉しくなりました。

仮面をかぶりダミヤのそばで、機会を伺っていた場面にもハラハラしつつ…。
心の中では、ときめく自分…。
だって、仮面ヴァージョンって萌えるし。
最後は、願った通り竪琴師になれたようですね。
一枚の止め絵でしたが…。
んー、でもその絵が素敵だったので満足です。(あーカッコいい~



キリクは、正体不明の仮面男の時から、ちょっぴりドキドキする人でしたね。
仮面に弱い自分は、ポワワ~ンとなっていたけど…。
すぐに消えてしまうキャラだったので、忘れていました。
そんな彼は、"仮面の悪者”なイメージが強かったけれど…。
過去は可哀想だし、かなりの苦労人だと知ると攻められませんねぇ。
終わりに近づくにつれ、善人になっていったのは立派でした。
特に、敵だったイアルと共に戦うシーンは、ワクワク♪
もしかしたら、殺されていたかもしれなかったけど、生き延びてくれて嬉しいです。

キリクってば、戦うと強いし、本当は優しい人みたいだし。
彼も好きなキャラの一人に加わっています。
アニメのオリジナルキャラだとは思えない程、素敵なお人でした。
でも、一体何歳の設定なのでしょう??(教えて欲し~い)



ダミヤは、落ち着いた大人の男性で、声が石田彰さんで。
悪事を企む顔なんて、特に美しくて、不気味で…自分好みでした。
しかし、セィミヤに対する台詞や態度が嫌らしくて、怪しくて、変態っぽくて…。
とうとう、求婚した時には、キモさMAXで、「ぎゃー」と叫んで…。
少々ゾッとしたけれど、そういうのも好きだから、モエモエゾクゾクしてしまいました。
イアルとは、別の意味でトキメキがあったので、最期は残念だった気がします。
ところで…子供向けアニメだから、これで済んでいたけれど。
大人向けだったら、一体どんな変態行動に出ていたのでしょう?(びくびく)



セィミヤに関しては。
頼りない、ダメ王女かと思いきや…。
真王になった途端、しっかりした人になり安心しました。
エリン突然の訪問時は、ちゃんと話を聞き入れてくれ、ホッ。
立場的に、これからが大変だと思いますが、国民に愛される王になって欲しいものです。



ナソンについては、気の毒な人としかいいようがなく…。
だって、自分の幸せを放り投げ、エリンを最後迄見守り続けたのですから。
そして、多くの時間をエリンに割いてきたのに、扱いは酷いし…。
イイ人過ぎますよね。
やっぱり、エリンの母ソヨンと結ばれて欲しかったなぁ。
それか、エリンなんて放っておき、さっさと霧の民の女性と一緒になればいいものを。
アニメでは彼のその後は不明ですが、原作では幸せになったのでしょうか?
それも気がかりでなりません。



欲をいえば・・・。
アケ村が出て来たのなら、友人とエリンの再会が見たかったですねぇ。
お墓やエリンの話をしてたから、てっきりそんなシーンがあるのかと…。
気になってた村の友人が登場したのは嬉しかったけど、あれだけで寂しかったです。
そうそう、エリンが死んだ事になっていたのは、ビックリでした。
まあ、そうですよね・・・残酷なシーンでしたもの。
だとしたら、尚更「再会の喜びを~!」ですよね。(⌒-⌒;)


ユーヤンは、想い人の彼と一緒になれたようで安心しました。(ですよね?)
こちらも良かったけど、やはり絵ではなく、動いてる姿が欲しかった~。
でも、彼女のその後が見れただけでもマシか♪
ユーヤンも、しっかりした母親になってそうですね。
(かかあ天下だ!きっと…)


他の人達の事も色々気になりますが…。
短いアニメの時間では、全て描ききれませんよね。
「もっと観た~い!」と思うくらいが丁度良いですし…。


それにしても、最後まで観ても子供向けとは信じられません。
だって、結構耳慣れない言葉が多いし、内容も深くて難しいですよね。
それとも自分の頭が悪いだけで、他の大人や子供達は全て理解している!?
感じる事は、人それぞれですが、単純な話では無いですよね。
「今後も、このようなアニメを観れたら良いなぁ」と願っております。



さて!
あとは、サントラを聴いたり。
ファンブックとかを読んだり。
漫画にも手を出してみようかと思います。

原作の小説は…無理だろうなぁ。


うわっ!
これだけ書いても、まだまだ書き足りません!
漏れている事も沢山ありそうです。
しかし、もう時間が無いので、そろそろ終わろうと思います。


お付き合い頂いた方、有難うございました。


スポンサーサイト



テーマ : 獣の奏者エリン
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

※似顔絵ではありません

獅子乙女

Author:獅子乙女
救いようのないOTAKUです。
アニメが中心にまわってます。

漫画やゲームからも離れられません!
キャラクターに一日中萌えてます。
アニソンばかり聴いております。
声優さんを崇拝しています。 

人間として堕落しヤバイです。
ちょっぴり腐敗し危険です。
妄想が大好きです♪

「一般人の振り」
をしている隠れヲタクやってます。

ブログ開設十年以上!参加してみました♪

気が向いたら、宜しくお願いします。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

※毎日更新が目標です

カテゴリ

▼コチラが古い記事となってます♪

月別アーカイブ

※なが~く続けられたらいいなぁ

ブロとも一覧


しまじろうアニメの検証と考察

リンク

最新トラックバック

アクセス・カウンター

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード

amazonちゃんのエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる