fc2ブログ

冬コミ~当日~

コミックマーケット79
 東京ビッグサイト
 2010年12月30日(木)/二日目参加
  初☆一人コミケ/コミケ歴は●●年 


 ※『ナルトサークル』巡り




絶好のコミケ日和!
・・・とは言い難いけれど。
雨が心配だった割に、コミケ中に降らず助かりました。
大切な御本が濡れてしまっては、大変ですからねぇ。


それでは、今日一日の道筋を辿ってみましょう♪


「始発で行くぞ!」
と、意気込んでいたのですが・・・。
余りの眠さに、目覚まし時計を止めていました。
「ハッ」と気付いたら、本来なら現地に着いている時間です。
飛び起きました!


真っ暗な内に出る筈が、明るい空になっていて、心はブルー
予定より、大幅に遅れての出発です。
折角調べた電車の時間も無駄になり、大失敗しました。
でも、不幸中の幸いというか・・・。
友人と約束してなくて良かったです。
何時間も寒空の下で待たせた事を考えたら・・・ゾッ
(↑先に行くとは思うけど、今後の信用が・・・


乗継は順調に進み、やっとビッグサイトに着きました。
今度は、最後尾目指して前進あるのみ!
相当・・・八分間歩いて到着しました。
(こんな後ろに並んだのは初めて・・・)
あとは、時間まで、ずーっとずーっと待つだけです。
たった一人で・・・。。・゚・(つェ ̄)・゚・。


暇潰しの為、小説を読んでいました。
が!
寒すぎて、手が冷たくなり、辛かったです。
ゲームは重いから、持って来なかったけど・・・。
きっと、同じ結果になっていた事でしょう。
ココは、やっぱり『iPod』などの音楽プレイヤーの方がイイかも。(^-^;)
次に来る時は、それを持って来よう♪
やはり、一人コミケは待ち時間が悲しいです・・・。

ビッグサイト1
 何度も移動を繰り返し・・・
 やっとここまで来ました
 本当に遠いです

 折角の写真は逆光・・・ 


十時開始の拍手は、外で迎えました。
全員、一丸となって手を叩く姿は、感動しますよね。
列が進み、階段を上りきったところで、振り返ってみると・・・。
まだまだ沢山の人の群れが見え、すごかったです。(昔もやったなぁ)
前方にも、あれだけ多くの人がいたというのに・・・。
初日に16万人という話だったので、今日もそれくらいかも・・・ですね。


遅れて到着したけれど、早目に中へ入れた気がします。
10時17分には、お目当ての『東4ホール』に入場出来ました。
あとは、『ナルトサークル』様を探すだけ。
カタログが無いので、調べていった番号を頼りに進んだら・・・。
すぐに見つかりました。
入口から近くて良かった~♪


まずは、何がどれだけあるか、『ナルトサークル』様を一周しました。


えーと。
今迄、他ジャンルを転々としており。
『ナルト』の同人誌が欲しいと思ったのは、今年で。
とうとう買いに走ってしまったのは、この冬コミが初だったので。
『ナルトサークル』様の数大手さんの名前
人気カップリングどのカップリングが存在するか・・・。
等々、知らずに足を踏み込んでしまいました。


だから、「何が何だか・・・((@口@;)!!」という感じになり・・・。
同人誌を見た瞬間、大興奮!!
本来の目的を忘れそうになりました。
最初の一周は、顔が緩みっ放しで、薄気味悪かったです。





一周し終え、冷静になってから・・・。
数は、「少ないけど、コミケだから、このくらいかな?」と思い。
大手さんは、「どこか分からないけど、壁側サークルさん?」と決め。
人気カップリングは、『ナルト×サスケ』・・・が一番多いかな?と感じ。
カップリングの存在は・・・「色々あるっぽい?」気がしました。


で!
本来の目的
『暁本』なのですが・・・。



想像以上に、少なくて愕然と致しました。



イタチ兄さん本は、幾つも見かけましたが・・・。
飛段本は、少し(!?)だけ・・・。
本命、デイダラさん本は、数える程で・・・。
サソリの旦那本も、デイダラさんと同じくらい!?で。
ペイン様に至っては、何だか添え物?扱いで、メインは無し。
他のメンバーは、誰かと一緒という形・・・。
あとは、全員本が数冊・・・だった、と。


かなり、ショックで、泣きそうでした。
実のところ、もう少しはあると思ってたので・・・。
ここまで無いと、帰宅が早まりそうです。


コミケだから、『暁本』は絞られてくるのか?
元々『暁本』は、数少なくて、あまり無いのか?
人気過ぎて、自分が来る前、アっという間に完売したのか?



新参者のため、どれだか不明ですが・・・。
暁サークルさんに、スケブをお願いした時。
「『暁本』少ないですよね~?」
「そうなんですよー!」

と仰っていたので、やっぱり元々少ないのでしょうねぇ。
これは、『暁オンリー』へ行くしかないのか?
その前に、オンリーイベントは、存在するのか?
もし存在したとしても、一人で行く勇気はあるのか?
ちょっと考えてしまいます。


そんな、こんなで、『暁本』を入手し。
大好きなヤマト隊長本もあったので、即購入し。
あとは、もう気に入った物を手当たり次第買いまくり。
よく知らないけど、大手さんの壁サークルにも顔を出し。
じっくり見たら、掘り出し物もあったので、欲しくなり。
カバンの中が、どんどん、どんどん重たくなっていきました。


そうして、カバンが限界を迎え
自分の肩も外れそうになり・・・。
大急ぎで、整理しに行きました。
中身を綺麗にし、リュックに詰め、どうにか持てるように!
(それでも全体の重さは変わらずですが・・・


その後は、また本を買ったり。
デイダラさんのコスプレに、釘づけになり・・・。
チラチラ見ては、ポーッとし、萌えてみたり・・・。
あの頭は、チョンマゲかポニーテールかヤッパリ分からんと思ったり・・・。

他コスプレを見て、視覚を潤してあげたり・・・。
スケブをお願いし、ベンチで待っていたり。


三時迄ゆっくりし、帰宅しました。

ビッグサイト2
 朝、撮った写真が余りました
 勿体無いので載せます

 帰りは荷物のせいで写真は無理! 


本当は、終了の四時までいるつもりでしたが・・・。
カバンの異常な重さに耐え切れず、帰る事にしたのです。


電車に揺られる帰り道、いつも思うコト。
あれほど沢山いたオタク達は、一体どこに消えるのだろう?です。
乗換する度、人がゴッソリ減って行き・・・。
地元の駅に着くとコミケ帰りが、誰もいないという不可思議な現象・・・。
それとも、自分が周囲を見ていないだけ??


しかし本日は、もう一つノルマがあります。
それは、「アニメイトで予約した本を引き取りに行く!」です。
年末年始は、外出したくないし・・・。
当分忙しいので、引き取りに行けません。
行けるとしたら、今日だけです。
鉛のように重い荷物を抱え、アニメイトへGo♪


けど、ここへ来ると・・・。
どんな状態でも、新刊が買いたくなります。
幾つか手に取っていたら・・・。
(↑すっごい荷物なのに!

『ナルト』漫画の新刊も見つけました!
(毎年、年末に出てる気がする・・・)
『ナルト』の同人誌を沢山購入した今日。
原作も一緒に買える幸せ・・・
荷物の事も考えず、他数冊の新刊をお買い上げです。
(正気の沙汰とは思えぬ行動だな・・・)


勿論、帰りは地獄道
本当に肩が外れそうで、足腰痛かったです。
家に着いたら、筋肉痛が既に始まっていました。
(当たり前だ~


このような一日を経て、入手した『ナルト』同人誌。
さぁ、これから集計をしたいと思います。
一体何冊買ったのか?
どれほど散財したのか?

とっても気になりますよねぇ。


けど・・・。
時間がかかるので、数日後に書く予定です。
(ここまでの文も長いから、これ以上は読むのも書くのも無理・・・)



とても充実した楽しい一日でした。
一人で行けたのも大きな収穫です。
多分、今後も一人で行け・・・そう(!?)←不明
また、次回のコミケも行きたい気分です。←夏は・・・どうだろ?


でも、その前に・・・。
暁オンリー』があったら・・・。
いや、いや、分かりませんが。
ハルコミ』は、ちょっと狙っています。
お金と暇と・・・まだ『ナルト』にハマっていれば、考えてみたいです。


スポンサーサイト



テーマ : コミックマーケット
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

※似顔絵ではありません

獅子乙女

Author:獅子乙女
救いようのないOTAKUです。
アニメが中心にまわってます。

漫画やゲームからも離れられません!
キャラクターに一日中萌えてます。
アニソンばかり聴いております。
声優さんを崇拝しています。 

人間として堕落しヤバイです。
ちょっぴり腐敗し危険です。
妄想が大好きです♪

「一般人の振り」
をしている隠れヲタクやってます。

fc2ブログランキング

ブログ開設十年以上!参加してみました♪

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

※毎日更新が目標です

カテゴリ

▼コチラが古い記事となってます♪

月別アーカイブ

※なが~く続けられたらいいなぁ

ブロとも一覧


しまじろうアニメの検証と考察

リンク

最新トラックバック

アクセス・カウンター

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード

amazonちゃんのエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる