FC2ブログ

映画備忘録102 【映画感想】

最近、ずっとアニメを観ていた。
すると父が不機嫌になって来て、それを指摘。
この辺で映画を挟むコトにした





ゲーム
 (原題: The Game)/128分
<1997年アメリカ製作> ※2020年7月TV放送




『誕生日にゲームの招待状を貰い…』

とにかく、酷いゲームだよ。
こんなの洒落にならんわ!
金持ちのアソビって怖いね。
けど、映画としては面白かった。
「サスペンス・スリラー」と書いてある通り楽しめた。

豪邸に住める富豪が羨ましい。
あんな事になったけど、綺麗になるのかな。
そこが一番気になってしまった。

これは映画だけど、現実にもありそうだよね。
中身はもっと悲惨で陰険なセレブ様達のアソビ(GAME)が…
おや、誰か来たようだ。





マリオネット・ゲーム
 (原題: Butterfly on a Wheel)/95分
<2007年カナダ・イギリス製作>※2020年5月TV放送




『家族に突然降りかかる悪夢!サスペンス・アクション』

タイトル通りの内容で、胸糞展開が続く。
理不尽にも感じるが、最後まで見れば納得
冒頭とラストシーンの対比は上手い!
内容を確かめる為、二回目は倍速視聴した。

しかし、真実は不明だったが、
「もしや、これって…」最初の方で黒幕が分かった。
珍しく予想が当たり、ハッピーな気分。
何となく会話が不自然だったのよねぇ。

これ系のゲームは頭良くないと辛いな。
ピン!と閃かない人は終わってしまう(>人<;)

一言叫ばせて欲しい。
「自分だけ美味しいワイン飲みやがって~!!」





フェア・ゲーム
 (原題: Fair Game)/90分
<1995年アメリカ製作>※2020年5月TV放送




『命を狙われる女弁護士と護衛する刑事の話』

話自体は眠くなりそうなモノだった。
刑事の彼女が悪目立ちして笑えたが、ひでぇ女だよ。
アクションは、かなり頑張っていたと思う。
特に、カーアクションが御見事だった。

しかし、周囲に犠牲が出て巻き込まれているのに、
主人公補正の御蔭で主役二人は助かるというね…。
行く先々で物は破壊され、派手に爆発し、
「当然、悪人が賠償金払うよね?」と言いたくなった。
結局ピザは食べられないのに、支払いするのが辛い。

逃げてる最中もラブシーンを忘れず…。
寧ろ捻じ込んで来る!イライラ(;`皿´)イライラ
いつ襲われるか分からないのに余裕だなぁ。
つうか好きになる場面あった?それともカットされた?

スーパーモデルのシンディ・クロフォードが見れて満足。
刑事役はタレ目で好きじゃない顔だった…。
ウィリアム・ボールドウィン、初めて見る名前だ。





今回は『ゲーム』の付く映画を選んでみた。
「ゲーム」の付く作品て、面白い物が多いよね!
でも家庭用ゲーム機やアプリゲームは好きだが…
映画の様なゲームを実際やるのは嫌だなぁ


スポンサーサイト



テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

映画備忘録101 【映画感想】

今回からタイトルを少々変えようと思ったが…。
何も浮かばないので、このままで行く。
「サスペンス映画」三作を選択。





リプリー
 (原題: The Talented Mr. Ripley)/140分
<1999年アメリカ製作>※2019年10月TV放送




『富豪の放蕩息子になりすます貧乏青年の話』

他人に成りすますのは大変だ。
見た目、仕草、声、何より度胸が無いと出来ない。
実際に、こんなコトは可能なのかね?
主役のマット・デイモンは好きで無いが、
良い演技だった。石田彰氏の声も合っていた。
ただ、発言が怪しくて、色々と気になる┌(┌^o^)┐

富豪でイケメンは凄い!
実際にも居るけど羨ましい!
放蕩息子役のジュード・ロウがカッコイイ!
この時27歳。前髪が少々後退しそう。
現在48歳。今の画像を見たら前髪が…(._.)
若い頃から兆候はあったのねぇ。。。

Q「“リプリー”とは何ぞや?」
A「トム・リプリー」
主役の名字だったわ!
名字が邦題とはセンスが…(ーー;)ナイ

・『太陽がいっぱい』の方は未視聴。
・イタリアの景色が素敵。
・ラストに少々疑問が残る。





沈黙のジェラシー
 (原題:Hush )/95分
<1998年アメリカ製作>※2018年1月TV放送



『息子を溺愛する姑が嫁を追い詰める話』


「沈黙」タイトルだが、セガール映画とは別物。
怖面白いが、気になる点がチラホラ…カットされた?
映画だけでなく、現実も嫁と姑の仲は難しい。
けど、どちらの立場で見るかで、感想も変わってくる。
この姑は、かなりヤバいけど、分からなくもない。

しかし、男性の実家で、母親との初対面が素っ裸!
衝撃!有り得ん!これは嫌われるよね…。
他にも母親の神経を逆撫でするコトが多く…
あんな所で、おっ始めるなよ!ヽ(`Д´)ノプンプン

夫役(ジョナサン・シェック)がイケメンで牧場持ち!
広大な土地に、豪邸…世の中には居るのねぇ…。

妊婦が戦うには不利すぎた。
初の出産がアレで可哀想。
産後の処理は、あんな適当で良いのか?
妻役(グウィネス・パルトロー)は出産経験後に
この役を?と思ったが違った!上手すぎる!

・ネズミのシーンは気持ち悪かった!
・妊婦がミニスカートや踵の高い靴…平気なの?





フランティック
 (原題:Frantic)/120分
<1988年アメリカ製作>※2020年2月TV放送




『失踪した妻を追う男の話』

30年以上前の映画なので古い映像だが…
妻の服装や髪型は古く思えなかった。
全体的にマッタリ進み…。
だいぶ余計な場面が多く…
何となくスッキリしない所もあるが…
割と楽しめた。

私としては、部屋を荒らされ…
スーツケースの中身をバラまかれ…
ココだけで、苦痛だった。

これはスーツケースの取り違えが原因で
事件に巻き込まれたが、非常に迷惑な話。
外国で妻が突然消えたら恐怖だよね。
警察での行方不明者リストが分厚くて震えた。

エスプレッソを頼み、金を支払い、
飲まずに出て行くのはモヤる。
飲み干すか、誰かにあげるか、持ち帰って欲しい!
まあ主役は医者だから、気にしないか…。

脇役だと思っていた美女が活躍してて驚いた。





サスペンスは好きなので楽しめた。
ハラハラ・ドキドキは、映画で味わいたいね!


テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

映画備忘録100 【映画感想】

頑張って入力し続けた「映画備忘録」。
遂に、というか、とうとう「100回目」を迎えた
「おめでとう!」「ありがとう!」
これからも記録していくぞ~(๑′౪‵๑)





世界で一番パパが好き!
 (原題:Jersey Girl)/101分
<2004年アメリカ製作> ※2018年2月TV放送




『仕事と子育てに葛藤するシングルファーザーの話』

これは泣ける。どの立場でも辛い。
出産時に妻が亡くなるなんて辛過ぎる。
母の知り合いにも居たが
残された者の事を思うと胸が痛む。
家族は誰が欠けても困るよね。。。

子育ての場面と会話が面白かったのは救い。
暗い話になりそうな所、明るい展開だった。
しかし、あの部分はモザイクが必要だと思う。

パパ役の俳優(ベン・アフレック)がイケメン!
妻役の女優(ジェニファー・ロペス)は美人!
(二人共名前は有名だが顔はアヤフヤだった)
両親が美男美女という事で、
娘役(ラクエル・カストロ)も可愛い!
レンタル屋の美女(リヴ・タイラー)は積極的すぎる!

学芸会のレベルが高くて驚いた。
あの場での娘役の演技を評価したい。
物語としてもだが、実際は撮影しているものね。





不機嫌なママにメルシィ!
 (原題:Les garcons et Guillaume, a table!)/87分(字幕)
<2013年フランス・ベルギー合作>※2018年2月TV放送




『ギョーム・ガリエンヌの半生を描いた話』

前回が「パパ」なので、今回は「ママ」を選択。

この方が誰なのかは知らないけど…
「女の子の様に育てられた実体験」
らしいので、興味深かった。
でも話は何となくしか理解出来ず…(;^_^A

視聴後、ネタバレサイトを巡るが…。
やっぱりラストが、よく分からなかった。
でも短い時間で纏めており、
物語の進め方は上手いと思う。
フランス映画なので宮廷の場面はさすが。
建物や部屋、調度品も素敵だった。
下半身丸出しの御尻も見所の一つ。
私としては、ゲイの店にゾクゾクしたけどね♪

でも一番はギヨームの演技力!
母親と自分の一人二役らしいが…
全然気付かず!全く分からず!!
フランスの女優だと思っていたわ。





ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
 (原題: The Mummy)/110分
<2017年アメリカ製作>※2020年3月TV放送




『封印された邪悪な王女との戦い』

前回が「ママ」なので「マミー」を選択。
ただし「母」の意味ではなく、「ミイラ」の方だった。

「ミイラ・アクション・アドベンチャー」で、
主演がトム・クルーズなら期待大!
と思ったけれど、内容は微妙というか…
「つまらない」と言う噂は本当だったのね。
ラストも不満だし、色々と残念過ぎる。
いや、続編を作るつもりでの、あのラストか?

けど『M:I』シリーズでないのに、トムダッシュが見れた!
あと、トム・クルーズの全裸とオシリ♪
声優は森川智之氏と中村悠一氏が出ており…!
映像が綺麗で、アクションも凄かった!
これだけでも楽しめたから、良しとしよう(`ω´)グフフ





この中でのお勧めは
「世界で一番パパが好き!」
父と娘の話って良いよね~


テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

映画備忘録99 【映画感想】

今回は漫画の実写版、邦画を選んでみた。
あまり好きで無いから殆ど録画しないが…。
珍しく まとめて感想が書けるほどあった





帝一の國
 <2017年日本製作>※2020年4月TV放送/118分 




『学園政権闘争コメディ』

映画公開時頃、後輩から勧められた作品。
「アプリで無料分を読む→全巻購入→積み本」
漫画を買ってしまうくらい気に入った。
絵柄が実写向きなので、映像化は良い判断。
本編ノーカット放送は有難い。

将来の為、高校入学時から全力で戦う!
何もかもが熱くて真剣なので面白かった。
特に拍手がキビキビとしていて良い!
いつも叩かれている男子が可哀想だった。。。
でもエンディングがなぁ…(ーー;)

主人公の様に生きる人間て尊敬する。
やっぱり努力は大事。ホント偉いと思う。

出演者は有名若手俳優が多いと思うケド…。
全然知らない人ばかり!それから…。
名前は見たが顔は分からない方が二人。。。





ビー・バップ・ハイスクール
 <1985年日本製作>※2020年12月TV放送/90分




『ツッパリコンビの痛快青春映画』

原作の漫画は読んだ事無いが、有名作品だね。
いつか観たいと思っていたので、観れて満足♪
内容は喧嘩だけで無く、学園ドラマや笑いもあった。
特に不良講座が面白い!
昔は短ランが好きだったが、今は長ラン派!!

出演者の仲村トオル氏と中山美穂さんだけ分かる。
清水宏次朗氏は、全く知らないがイケメンだね!
昔のミポリンは可愛いが、服装に笑ってしまった。

主題歌は「BE-BOP-HIGHSCHOOL/歌:中山美穂」
学祭では「セーラー服を脱がさないで/歌:おニャン子クラブ」
80年代アイドルの曲は、懐かしくて心地良い。

昔のヤンキーというか…不良?ツッパリ?
今見ると笑えるが、リーゼントはカッコイイ!
全員、年下の高校生なのに、大人っぽく見えた。
年齢詐称?老け過ぎ?チンピラ風オヤジ高校生も居たw
スケバン?の姉さんは美人だった。

荒れてる高校ってなんだろね。
ガラスを割り、授業中遊び、屋上で立ちション…?
高校は義務教育じゃ無いでしょ。
勉強する気ないなら行かなきゃ良いのに…。
先生や真面目に授業受けてる生徒が気の毒だ。

映像化が沢山あって驚いた。
シリーズになる程、人気だったのねぇ。

元ツッパリのネッ友兄貴に話したら…。
「リーゼント懐かしい!俺の青春時代だ!」と(笑)





キングダム
 <2019年日本製作>※2020年5月TV放送/134分




『中国の春秋戦国時代を舞台にした歴史ドラマ』

観る気は無かったが、父が録画していた。
つい先日までアニメ2期を視聴。
丁度良いタイミングで観れたと思う。
本編ノーカット放送だった。

アニメは長編だが、実写は134分。
なので話はサクサク進んでくれた。
作者が関わっていたから良かったのかな。

役者の好き嫌いはあるにせよ、
全員、上手い感じに再現されていたと思う。
特に髭オヤジ、ロン毛オヤジは原作っぽい!
(いや、誰の事よ?いっぱい居るだろ!)

景色や建物、衣装も良かった。
中国っぽいと思っていたら…
中国で撮影していたのね!(☉∀☉)おお!

主人公がアニメに負けず劣らず
ウザイくらい熱く、逆にホッとした。
信役の俳優(山﨑賢人)は、全然知らぬが、
あの熱さを表現出来るとは…ピッタリな配役だ!

しかし、一番似ていたのは…
意地悪そうな笑みを浮かべ
生意気だった弟役(本郷奏多)だと思う!
(名前は見た事あるが知らぬ俳優だ)

続編は、いつかテレビ放送したら観たい!





実写は一線引いて観ている。
でないと私の中の何かが、うるさくて…


けど三作共、なかなか良い出来だった。
オススメは『ビー・バップ・ハイスクール』
私のツボが一番刺激されたから


テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

映画備忘録98 【映画感想】

久しぶりの映画鑑賞。
アニメに、洋画に、忙しいぃ⊂( っ´ω`)っグッタリ





ザ・ファイター
 (原題:The Fighter)/115分
<2010年アメリカ製作> ※2017年8月TV放送




『実在するボクサーの話を映画化した伝記ドラマ』

感動の実話という事で泣く準備をしていたが…。
そういう話では無かったみたいね。
けど、スポーツは嫌いで、ボクシングも観ず、
このボクサーも知らないが、結構楽しめた。
あの環境で、よく頑張ったよねぇ。
主人公の声が森川智之氏なのも良い(〃▽〃)

何と言っても母親と姉貴軍団だと思う!
怖いし、口悪いし、ウルサイしで、震えて来る。
脇役で、話には関係無が、インパクト大だった!

兄貴役のクリスチャン・ベール。
ヤク中の元ボクサーを演じていたが…
本当にヤク中っぽく見えた!!(褒め言葉)





ナタリー
 (原題:La delicatesse)/109分(字幕)
<2011年フランス製作>※2017年10月TV放送




『美しい未亡人の新しい恋とは?』

タイトルから、中世ヨーロッパが舞台で…
未亡人なので、中年のオバサンが主役かと…^^;
舞台は現代、若そうな女性が主役。
すぐに「フランス映画」だと分かる作り。

ジャンルとしては苦手な恋愛系。
今の私にはキツ~イ内容だが、話は良い。
冴えないハゲオヤジ…いや!
真面目で純情そうな男性を応援したくなる♪
髪があればイケメンだよね。
彼の両親の会話が好き。

主役の女性(オドレイ・トトゥ)は美人?なの??
脇役の女性達の方が美人だと思うな…。
(美醜の感じ方は人それぞれ)

暗っぽい雰囲気だが、悪くはない。
無駄に色気のある秘書(?)は存在感が凄い!
時の流れが面白い撮り方をしている。
ラストは、もう少し頑張って欲しかった。





荒鷲の要塞
 (原題:Where Eagles Dare)/155分
<1968年アメリカ製作>※2017年10月TV放送




『将軍を救出する為、要塞に潜入する話』

戦争アクション大作らしいが…
テレビ放送は40分以上(?もっと?)カットされていた。
なので大作に思えず、話も途中から不明になった。

戦争映画自体は嫌い。
でもハラハラする展開と謎もあり、楽しめた。
CG映像や人間離れしたアクションは無いが…
割と身体を張っていたのでビックリした。

イーストウッド氏は準主役?なのかな??
彼以外、全員知らぬ人ばかりだった。





良い感じに短く書けた
今後の感想も頑張りたい!


テーマ : テレビで見た映画
ジャンル : 映画

映画映画備忘録97 【映画感想】

ベタ甘ラブ映画が続き、胃がムカムカ!
なので怖そうな作品を選択してみた!





ミステリー・ツアー
 (原題:『CLUB DREAD』)/104分(字幕)
<2004年アメリカ製作>※2013年1月TV放送




『島で起こる連続殺人事件の話』

なんぢゃこりゃああぁぁ!
エロ・グロ・ホラー・ギャグ?何なの?
映画的にはホラーな作りで怖いが…
ふざけた笑いとエロ要素がたっぷり!
終始、エロと惨殺が絡み合うのだ!
悪くは無いが、どんな話とラストだよ…
最後はツッコミを入れていた(-_-;)

冒頭からバカップルのイチャイチャ!
増える女。アホ騒ぎ。脱ぎ始める女達。
惜しみなく晒されるオッパイ!
そして始まる3P!
「誰かコイツらを惨殺してくれ!」と願う私。
バカップルはジャンジャン殺っちまえ!
つか、殺人鬼はいつから待機してたんだ?

他でもアチコチでヤリまくる男女に殺意。
普通の恋愛モノよりイチャイチャが激しく…
至る所でオッパイが飛び出し…
男性陣は下半身を見せつけ…
「島ごと爆発しろ!」とさえ思った。
モザイクと殺人鬼だけが良い仕事をしてくれた!!





誰かに見られてる
(原題:Someone to Watch Over Me)/106分(字幕)
<1987年アメリカ製作>※2011年9月TV放送




『殺人を目撃した女性と護衛の話』

タイトルに惹かれた。怖そう。あらすじは?
「命を狙われた美女とサスペンス」?期待大!
所が、想像と全然違ったわ…orz

犯罪に巻き込まれる話なら…
題名通り、いつも見られている恐怖。
殺人犯に怯える生活や怖い演出だらけよね?
不倫と夫婦愛の亀裂。男女の関係がメイン。
恐怖より、恋愛色が濃かった!残念!!

それにしても、主役の刑事、ダメぢゃね?
もっと真面目に仕事してくれよおぉぉ!
奥さんと子供を大事にしてくれよおぉぉ!

肝心の女性。
何者なんだろ?富豪?独身?
色々と匂わせているが、ハッキリせず。
大きい自宅はマンションなのかね?
この富豪役、ミミ・ロジャースは美女!
けど、今Wikiを見たら、そうでも無かった…。
え?トム・クルーズとも結婚していたの?スゲー!





ストーカー
 (原題:One Hour Photo)/98分
<2002年アメリカ製作>※2011年11月TV放送




『写真現像屋の男が妄想をエスカレートさせる話』

おいおい!オッサン!何やってんの!
と思ったが、予想外な展開で何だか感動。
切ないというか、悲しいというか…
心に響く良い映画だった。
オッサンに家族が居たら、違う人生を歩めたのかな?

世間には、色々なストーカーが居るね。
主演のロビン・ウィリアムズが凄い演技だよ!
本物の変態っぽく見え、キモかったもの!
良い人役の映画しか観た事無かったから驚いた。

だがしかし、大胆な誤魔化しだわ。
こういうのは、バレないようにしないと!
コッソリ金を払っておけば、バレずに済んだのでは?
休憩も取り過ぎだよ!仕事中の出歩きも禁止!
どうして、そこまで気が回らなかったの?

写真って、現像時に見られていたのね。
今は自分でプリント出来るから良かったよ~♪

・モノクロ映画の題名は何だろう?
・水色のバッグが不気味に感じる
・男女のポロリにモザイク…笑ったw
・つうワケで、隠れた名作だと思う。





もう字幕は勘弁してくれ~っ!
三作目の“ストーカー”しか楽しめなかったよ~!


テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

映画映画備忘録96 【映画感想】

「結婚」関連のタイトルを選んでみた。


※下記にある“ライセンス・トゥ・ウェディング”の
感想をスマホで入力中、非常に眠く…
下書きを誤タップで公開、数時間気付かずだった

未完成の支離滅裂な文章を載せてしまい済みません!
下書き段階は滅茶苦茶な日本語なんです!
約二週間前、拍手を下さった心優しい方!
有難うございました!
此方が完成形の感想になります!!






結婚記念日
 (原題:Scenes From A Mall)/87分(字幕)
<1991年アメリカ製作>※2012年11月TV放送




『中年夫婦の危機を描いたコメディ』

ダビングディスクの視聴。あらすじは不明。
題名から、バカップルの話かと思っていた。
が!まさか「中年夫婦」の話とは…
ある意味凄い映画だった!

内容は本当に、夫婦のトーク中心
二人で延々と彼方此方で話している。
字幕で割と早めの会話は眠くなるね。
役者の方は台本を覚えるのが大変そうだ!

夫婦のトークがメインで飽きるせいか…。
周囲の脇役?エキストラ?が個性的過ぎた!
「存在感のある動きをしろ」とでも指示されているのか?
会話中、背後の人物達が気になって仕方なかった!

そんな中年夫婦のイチャイチャは、かなりキツイ。
特に映画館では勘弁して!映像的にもどうなんだ?

今から30年近く前の作品なのでポケベル時代。
他は、家の電話、車の電話を使用していた。
いつの時代も人間は電話で話しまくるね~(笑)

・車の日本人。寿司屋の日本人。イライラ。
・妻役の女優(ベット・ミドラー)、昔は美女?
・老夫婦かと思っていた…スマン!
・サーフボードは回収出来たのか?





ライセンス・トゥ・ウェディング
 (原題: License to Wed)/91分(字幕)
<2007年アメリカ製作>※2019年10月TV放送




『結婚講座を受けるカップルが牧師に翻弄される話』

タイトルから苦手だが、中身も苦手だった!
恋人のイチャイチャ・チュッチュにイラつく!

結婚式の準備は普通に大変だよね。
三週間後に挙式する為、講座を受けるのか。
ちょっと嫌だな…逆に結婚する気が失せる。
あと赤ちゃん人形がリアルで少々不気味だった。

一番腹が立った事。
人の祝いの席で、「この場を借りて~」
と自分達の発表するのはどうなのか?

本来祝うべき人達の席では無くなるよ?
構ってちゃんか、非常識か、嫌がらせか…。
何にせよ、私がやられたら一生恨みそうだわ。

見習いのオデブ君が働き者!
きっと将来は、良い牧師になれるだろう!

洋画のテレビ放送で、NGシーン。
この映像は、有難いなと思った!





最高の花婿
(原題:Qu'est-ce qu'on a fait au Bon Dieu ?)/97分(字幕)
<2014年フランス製作> ※2018年1月TV放送




『姉妹の結婚相手を巡り巻き起こる騒動』

字幕で読むのが面倒だし、内容がコレ…。
けど作品の雰囲気は良いし、景色と家が素敵。
途中ドタバタしていたが綺麗にまとまり…
視聴後は、とても良い気分になれた!
エンディング付きなのも嬉しい。

四人姉妹が違う人種の男性と結婚。
こういうコトもあるのか!…と驚いた。
しかし「多国籍家族」発言には笑う。

だが、異文化間の結婚は辛いね。
特に宗教を重視する家は大変だ。
相手に合わせる事が出来るなら良いけどさ。
まあ他国でも結婚したい人に出会えるのは貴重!
何となく感動してしまった。

私は、役者「アリ・アビタン」の顔が一番好き!
アラブ人かと思ったら、ユダヤ人なのね。

あら?続編があるの?それは驚く!





~おまけ~

ジャスト・マリッジ
 (原題:Just Married)/97分
<2003年アメリカ製作>※2011年5月TV放送



『新婚カップルが破局の危機に陥るラブ・コメディ』

ディスクにダビングされていた物。
つい最近観たから、消去しようと思い…
その前に中身を確認したら、吹替え版!
前回は字幕だったので再視聴した。
やはり日本語は分かり易い上、声優が上手いね!

リア充の爆発シーンが気分爽快(^ω^)ニコリ
何度見てもブリタニー・マーフィが美女。
もう、この世に居ないなんて信じられん!





ラブな話は身体が全力で拒否ってる!


特に、「イチャイチャ+字幕」はイライラする!
更に、「ムカつく話だと映画自体が嫌いになる!」
くっそ~!怒りが止まらねぇゼ!"o(▼皿▼メ;)o"プルプル


テーマ : テレビで見た映画
ジャンル : 映画

映画映画備忘録95 【映画感想】

今回は、「ランド」の付く作品を選んでみた、
結構、あるのねぇ。





コップランド
 (原題:Cop Land)/104分
<1997年アメリカ製作>※2017年7月TV放送




『警察内部の腐敗が発覚する話』

警察の闇は、現実の方が多そうだ。
表向きは正義で、裏は悪党以上のワル!
これ、発覚せずとも、非常に、罪が重い、ゼ。

しかし、事件の発端となった揉め事。
警官を挑発し、車に当て逃げして壊し、
タイヤをパンクさせ、銃社会で銃の真似事…。
こんなDQNなんて死んで良くね?
可哀想とも思えずだよ!寧ろ警官が被害者だよ!!
でも、殺しは良くないから複雑だわ~。

銃での負傷は痛そうよね。
私は小指を包丁が掠っただけで痛くて何も出来ず…。
もし銃で撃たれたら、大騒ぎの後、ショック死かもしれん!

スタローンが若干ヘタレ気味で静か目な保安官。
いつものイメージと違うから、調子が狂っちゃう!
あ!Wikiに「冴えない中年保安官を演じて話題に」だって!
声優は玄田哲章氏。シュワを思い出してしまう~!
スタローンの声は、ささきいさお氏で頼む!

・沢山のイケオジに歓喜だが、ワルはなぁ…
・落としたコインは全部拾えたのか?





ネバーランド
 (原題:Finding Neverland)/100分
<2004年イギリス・アメリカ製作>※2011年5月TV放送




『“ピーター・パン”の物語が完成する迄の話』

ほう…これ、実話が基だったのか!
“ピーター・パン”は、こうして出来上がった、と。
それを含め、全体的に凄く良い映画だった。

1903年のロンドンが舞台。
建物と衣装が素晴らしく美しい。
家族との触れ合いと会話も楽しめた。

主演は、ジョニー・デップ!
彼が、滅茶苦茶イケメンで驚く!!
だって最近、髭顔と海賊顔ばかり観ていたし、
髭なし紳士の顔は初だったからね、ビックリよ!
整っているとは思ったが、改めて見ると綺麗な顔ね。
あれ?パイレーツ1作目後にコレを撮影?別人過ぎ!
じゃあ想像の海賊シーンは笑ってしまうね!

四人も息子が居るのは大変そうだ。
末っ子の五歳児が可愛いかった!
意地悪婆さんにはムカついた!

・大人になると人間関係が大変!
・犬役への褒め言葉に笑う!
・本は破かないで欲しい!
・最後は自宅だよね?家が広過ぎる!

皆は「ネバーランド」で何を思い出す?
私はマイケル・ジャクソンの「ネバーランド」!





アイランド
 (原題: The Island)/136分
<2005年アメリカ製作>※2020年7月TV放送




『クローン人間の死闘。SFアクション』

2019年、汚染された地球。
管理された施設で暮らす人々。
選ばれた人のみが行ける楽園(アイランド)。
「だが実は…」という設定は好みだが…。
地球滅亡後の話にして欲しかった。

一部分は未来的で結構好き。
内容自体は、現実にもありそう。
良い話で楽しめたが、少々疑問が残る。
厳重な施設なのに意外とユルユル?
あの男性は味方なの?
結局、この後はどうするの?(ココ重要)
寧ろ、ラストからが本番!コレは序章!
ん?第二弾があるのかな?続編は何処だ?


つうか二時間の映画で、この題材は濃過ぎる!
これを扱うには連ドラか長編映画で無いと無理!

意外にもアクションが激しかった!
スタントマンが、ひたすら凄いと思う。
しかし、施設で規則正しく生活していたのに…
初の場所で動き回れ、ピンチを切り抜け、
突然あんな力を発揮出来るモノなのか?
トラックの積み荷をバラ撒くのは運転手が可哀想!

・粒の検査は出し入れ痛いよ~!
・中国製のクズが故障(笑)
・接触禁止→今と一緒!
・逃亡時は変装しよう!
・ユアン・マクレガーと船がカッコイイ!

ベーコンが沢山食べたくなる作品!(違う)





この中では、“ネバーランド”がオススメだわ~(∩´∀`)∩
マイケルの“ネバーランド”には皆も行きたいよね~(え…) 


テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

映画映画備忘録94 【映画感想】

今回は、パソコンに関連した題名をセレクト。
でも、あまり録画されておらず、探しまくったわ





ザ・インターネット
 (原題:The Net)/114分
<1995年アメリカ製作>※2020年1月TV放送




『命を狙われたプログラマーが一人で戦う話』

なかなかコワ面白い作品だ。
95年の映画だからパソコンは「Win95」?
つい最近に感じるが、25年も前だった。
コンピューター界の進化は激しいものね。
PC、ゲーム、ネット、サイト、フロッピー。
あっという間に全てが古くなり…
相当、昔のモノになってしまった。。。

コンピューター世界の落とし穴。
存在を消せる。嘘記録が可能。
実際もあるだろうから、怖いなと思った。

当時、PC社会の恐怖を描いたのだろうが…
今見ても緊張するし、通用する内容よね。
近年は詐欺も多いから恐怖倍増だ。
それにしても昔のPC。処理の遅さに苛立つね!

・物語の構成は上手
・旅行中は気を抜いちゃダメ!
・美しい者には男女共に刺がある。。。
・母親の病気は辛いよねぇ…
・近所のオバチャンにムカついた!
・主人公の荷物は戻ってこなかった?
・続編は別物らしい…(Wiki情報)





ソーシャル・ネットワーク
 (原題: The Social Network)/120分(PG12)
<2010年アメリカ製作>※2013年11月TV放送




『Facebook誕生秘話!サクセスストーリー』

有名なマーク・ザッカーバーグ氏の半生。
こういう経緯でフェイスブックが作られたのね。
どこまでが真実かは不明だけど…
新しい物を立ち上げるのは大変だよなぁ。。。

しかし、世界最年少の億万長者か。
かなりムカつく性格悪い野郎に見えたが…
彼の様な人で無いと成功しないのかもね。
だが、天才、莫大な財産、有名、高学歴でも、
人間としてマトモで無ければキツイな!
元カノの指摘に一票を入れたい!!

双子男子がイケメンだった。
ムカムカする内容なので癒しだった。

名門大学、恵まれた容姿…。
世界には全て整った方々が居て羨ましい。
こういうのを見ていると生きているのが嫌になる。
何故私は、日本人の中でも最低ランクなんだろう。
自分も白人イケメンマッチョで、
ハーバード大学卒業のエリートに生まれたかった(-_-)


所で、“やりすぎ都市伝説”の話が本当なのか気になるね!





ミッシング ID
 (原題: Abduction)/106分(PG12)
<2011年アメリカ製作>※2020年6月TV放送




『一枚の写真から事件に巻き込まれる話』

冒頭のアホ騒ぎは退屈だが少々大事。
物語が動き出すと面白くなってくる。
途中の話は混乱したが、悪くは無い。
けど、想像と違ったし、複雑な話で驚いた。
アクションは熱くて燃える!家も燃える!

それにしても、だいぶギャンブルだな。
見るか見ないか分からんサイトでしょ…。
それにアクセスしたら即行動開始!って…^^;
まあコンピュータ世界は怖いと思えた。

我々も「おとーさーん!」って叫びたくなる!
父親メインのスピンオフも観てみたい!
いや、前作がある?もしや続編が?(→これのみ)

とにかく、女子が邪魔!うぜぇ!
イチャイチャ迷惑!チュッチュ最悪!

・花を置いた人は…?
・落ちた弁当が勿体ない!
・眼鏡は踏みつけないで欲しい!
・主演のテイラー・ロートナーは好みでない!

原題「アブダクション」をググった。
→意味「誘拐、拉致」
あれ?パソコン関連ぢゃ無くね?
「ID」だから、選んだのに…(>人<;)





今回は、三作共楽しめた。
だが、パソコンに疎い母は「つまらない」って!
何をしているか不明だから、と


テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

映画映画備忘録93 【映画感想】

アクションはスカッとするから良いね!
傑作映画だけを観続けたいなぁ…





ラッシュアワー
 (原題:Rush Hour)/97分
<1998年アメリカ製作>※2013年11月TV放送

  


『ロスと香港の刑事がコンビを組んで戦う話。第1弾』

有名な映画だが、通してみるのは初!
確かに、この刑事達は良いコンビだね。
会話も面白いし、協力して戦うのも楽しい。
三部作なのも納得した。

でも、いつものジャッキー映画に思えないねぇ。
製作は米国、主役は二人でしょ?
物語でもそうだが、ジャッキーは御客様扱い。
アクションは凄いけど、何となく静かというか…
大人しめというか、暴れ足りないというか…
本領発揮出来てない気がした。

そして内容のせいか、ジャッキーは紳士的!
身のこなしも髪型も服装もカッコ良かった!
滑らかなアクションと石丸博也氏の声も最高!
面白いオジサン役より、コッチの方が好みだわ~♪

・実際も米国では他国の刑事は御客様扱い?
・あの犯罪者にクッキーの差し入れしたのかな?
・飛行機でのデタラメな報告…平気だったの?
・プライムビデオ版とDVD版のポーズが逆で面白い!





ラッシュアワー2
 (原題:Rush Hour 2)/90分
<2001年アメリカ製作>※2013年11月TV放送

 


『刑事コンビが悪人達と戦う話。第2弾』

「続編だからどうかな?」と思ったが…。
そんな心配は何処へやら…超面白かった!
ジャッキーの出番も見せ場も多くて、大満足♪
話は少々複雑な気もするが、会話は上手で笑えるし…
キレッキレのアクションがカッコ良くて最高だったよ!

前作から三年後に製作しているけど…
冒頭は一作目ラストの続きなの!?
だが続けて観ても特に違和感無し!凄いね!!
香港、ロス、ベガス…撮影は大変そうだ。

マッサージ店は見るからに怪しい!
全員オカマちゃん?全身工事済みの男性?
と思っていたら、本当の女性でビックリした!!

ジャッキーのスムーズな動きと戦いは見ていて飽きない。
いつか誰かと戦闘になった時の為に参考になるゼ!
そして、渋い役柄にも惚れてしまう!

・下着美女、ロゼリン・サンチェスの身体に釘付け!
・悪の親玉役のジョン・ローンは作品一のイケメン!
・敵役のチャン・ツーイー、片手髪留め技術には驚く!
・ガラスが脆過ぎる!割れないガラスにして欲しい!
・TVではカットされがちなNGシーンを見せてくれた!
・DVD版ジャケの方が、映画での性格が出ていて好き♪





ラッシュアワー3
 (原題: Rush Hour 3)/93分
<2007年アメリカ製作>※2017年3月TV放送




『刑事コンビが再会して悪者と戦う話。第3弾』

前作から三年後設定らしいが、公開は六年後。
舞台はフランスのパリ。
話は途中から混乱したが、とても面白くて、
派手なアクションに驚き、会話に笑った。

しかし…折角の傑作が、日本人出演で台無しだ!
別に真田広之氏や工藤夕貴さんが嫌いな訳ではない!
ハリウッド映画に日本人が出るのは許せんのだ!
(ワタクシ、純日本人でございますが…)

他国批判やフランス語の悪口合戦は苦笑い。
通訳のオバアサンが気の毒だわ…。

クールでスーツ姿のジャッキーは素敵♪
カーター(クリス・タッカー)は、ペラペラとウルサイ!
吹替版で観ているが、英語でも早口なのか?

アクションからは目が離せないけど…
何処までが本人?スタントマン?
鉄骨でのアクションは特撮?CG?
危険なアクションが多くてヒヤヒヤしたよ~!

・下水?汚水?映画なのに臭ってきた…
・最初の女性達と食事に行ったのかな?
・ショーガール達が騙されて丸出し、可哀想w
・偽デザイナーのオネエキャラが、それっぽい!
・タクシードライバーのオッサン、その後が気になる!
・マダムはエレベーター内で何と言ってた?





三作共、面白くて、終わり方も良かった!
それにしても、『3』のプライムビデオ版は無いのね。。。


テーマ : テレビで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

※似顔絵ではありません

獅子乙女

Author:獅子乙女
救いようのないOTAKUです。
アニメが中心にまわってます。

漫画やゲームからも離れられません!
キャラクターに一日中萌えてます。
アニソンばかり聴いております。
声優さんを崇拝しています。 

人間として堕落しヤバイです。
ちょっぴり腐敗し危険です。
妄想が大好きです♪

「一般人の振り」
をしている隠れヲタクやってます。

fc2ブログランキング

ブログ開設十年以上!参加してみました♪

ブログ村

こちらにも登録してみました♪

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

※毎日更新が目標です

カテゴリ

▼コチラが古い記事となってます♪

月別アーカイブ

※なが~く続けられたらいいなぁ

ブロとも一覧


しまじろうアニメの検証と考察

リンク

最新トラックバック

アクセス・カウンター

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード

amazonちゃんのエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村~領地~