FC2ブログ

もの忘れ外来へ(七回目)

今日は、二ヶ月振りの認知症診察日。
父が母を連れ「物忘れ外来」へ行って来た。


私は、というと…。
体調不良で動けず。
父に、お願いしたわ。
まぁ、コロナもあるから、二人で良いよね。
ゾロゾロ行くと嫌な顔をされてしまうもの。


けど、「一人じゃ大変だから次は来てくれ!」
父に言われてしまった
なので、次回は行くつもり。


内容を聞くと前回と同じ様な診察だった。
軽い質問と御喋り。
血圧が低過ぎる。
薬は完治する訳では無く、進行を止めるだけ。

それだけだった、と。


「行く必要あるのかな?」と思ったけど…。
薬は、飲み続けないとダメらしく…。
こればかりは、仕方無いよね。


次回も二ヶ月後。
十一月。今年も終わる頃。
先の事は、考えたくないなぁ





前回同様。
日々、母がオカシクなって行く。
食っちゃ寝は当たり前。
何もさせないと二十四時間寝てしまう。
基本家事はやらない。やりたくない。
大好きだった映画も小説も見なくなった。


夕飯を作る時は、簡単な事だけ頼む。
けれど、全て適当で失敗ばかり。
お皿に分けて貰っても必ずこぼす。
サラダ用のキャベツを切らせても極太!
先日は、キャベツを手で千切っており…
「レタスと間違えた!」と。


「食事は煮物と野菜が中心!」
そう言っていた母が…。
野菜も煮物も残す!食べない!
翌日出しても残して、残して…カビが生えた!
好きな物を好きなだけ食べてしまう!


唯一、一人で出来る洗い物。
医者にも言われているから、やらせるが。
「なに?これ!私がやるの?本当にやるの?」
延々と文句を言いながら、食洗器に投げ込み。
他は雑に洗う。鍋類は放置。
綺麗に皿を洗う母だったのに、皿は油だらけ!
コップは汚れ、ザルはヌメり、ボールは食材が付着。

三年前迄は、全ての家事を一人でやっていたのに…。
洗い物すら満足に出来なくなった。


(前回も書いたけど)
体臭が悪臭レベルなのに風呂へ入らず。
今は猛暑だから一日二回入っても良いのに…
「風呂なんて毎日入らなくても大丈夫!」
やっぱり入ろうとせず、寝てしまった。
家族で強制的に入れないと入らないって何?


背中と首回りの痒みも止まらず。
薬を塗ってあげても掻きまくり。
ついでに頭もボリボリと掻きまくり。
一日中掻いては、爪に入った垢やフケを取っている。


ホント、こんな事する母親では無かったのよ。
規則正しい生活をし、家事全般を全てこなし。
いつも清潔で身綺麗にして、元気に動き回り。
頭も良く、家族を注意し、映画と本が趣味で。
認知症予防も頑張って続けていた。


だから、今の状態が信じられない。
まるで別人。誰か他の女性。
見知らぬ人間としか思えないよ。。。


あ~悲しい(´;ω;`)ウゥゥ


スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと
ジャンル : 日記

もの忘れ外来へ(六回目)

月曜は、二ヶ月振りの認知症診察日!
母を脳神経外科の「物忘れ外来」へ連れて行った。


本当は密だから、両親二人で…と思ったが。
父が拒否し、三人に…


病院に到着すると
もう当たり前な検査になっているが…。
消毒と検温(おでこ)。
体調確認票の記入をした。
いつまで続くのだろうね?


その用紙を受付で確認して貰うと…
「ん?付き添い?んんっ??」
両親は、まだ記入中。
私一人なので、不審者に思われた。
後方に居る二人が両親だと伝えたら…
「奥さん(母)と隣りが旦那さん(父)?」
気になった様で、また質問される。
「はいっ!母が認知症で~^^」
「あ!」
即、察してくれた。
んも~!いらぬ説明までしちゃったよ(笑)


あとは、いつも通り待たされ…。
けどコロナで患者さんが少なく…。
この日は、25分待つだけだった!


診察内容も、ほぼ前回と一緒。
挨拶後、質問しつつ血圧測定。


・体調の確認
・指を動かせるか
・薬を飲んでいるか
・眠れているか
・食欲はあるか
・散歩をしているか
・家事をしているか


・買い物をしているか
→「コロナ菌がいるから、私は行ってないの」
コロナを覚えていて安心!
けど笑ってしまったわwww


ここで、突然ドアが開く!
知らないオバアサンが立っていた。
「私の番号が出ているから…」
看護師さんは、奥の方に居て動けず。
ドアの前に居た私が対応し、廊下へ出た。


オバアサンの番号を見て、電光掲示板を確認。
順番は、次の次だった。


我々も最初は病院の流れが不明だったし…。
何処でも初めての事は分からぬので…。
簡単に説明をし、番号が大きく出るまで座っている。
という事を教えてあげた。


嗚呼…。
オバアサンの乱入で、この間の遣り取り…
母と医師の面白い会話を聞き逃してしまったよ

物忘れ外来は月一だし、同じ時間、同じ医師。
多分オバアサンも認知症で来ていると思われる。
母は一人で病院に行けないから…
「一人で来ているのは偉いな」と父が言っていた。


戻ると医師と両親が笑っており。
「殆ど色々と忘れているくせに…
十万円の給付金は覚えている!」

と父が教えてくれた。


そんなこんなで約五分。
支払い後に、薬を貰い。
あっと言う間に終了した。


次回も二ヶ月後。
九月。残暑?台風?
コロナも続いていそうだね。
病院に行くのは嫌だよ~!





最近、母が益々おかしくなっている
食べては寝るの繰り返しで、動きたがらず。
歩かないから足が弱り、何も無い所で転び。
家事は医師に言われているので少々やるが…。
「やりたくない!明日やる!」と寝てしまう。


体臭は、夏なので悪臭を漂わせ。
異常に臭いのに、風呂へ入ろうとしない。
我々が目を離すと風呂に入らず寝てしまう。
先日は三日も入らず、異臭を放っていた。


不潔にしているせいで、身体が痒くなり。
(六月に皮膚科へ行った事はココで報告済み)
薬を塗っても掻きむしり、止めても一日中搔き。
皮膚の色が変化し、ボロボロになっている。


食べた物も一切片付けず。
茶碗、コップ等の食器は勿論の事。
パンの袋やオニギリのフィルム。
お菓子の箱や包装紙、弁当の容器、等々。
全てのゴミを全く捨てず、母用の机に放置!
こちらが気付かないと一週間以上置きっぱなし。
ゴミを捨てる、片付けるという事を忘れたらしい。


半ケツも未だに続行中だし…。
身体だけでなく、頭も掻きむしっているし…。
毎回綺麗に磨いていた歯も、口臭が激しいし…。
目の光は消え、耳はどんどん聞こえなくなり…。


あんなに輝き、テキパキと行動しまくり。
身なりを整え、清潔な母だったのに…。
まるで別人の様になってしまった!



認知症って怖いなぁ、と思う。
母は認知症予防を頑張っていたから、余計辛い。

年齢的には、仕方の無い事かもしれないが…。
もっと年上の老人方が元気で働いていたり。
スタスタと散歩していたり、「まだ認知症では無い」
という話も聞くからね。

どんどん衰えて行く母を見ていると
悲しくなってしまうのだよ。。。


テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと
ジャンル : 日記

母と皮膚科へ

ここ最近、外出が増えたのだが…。


病院
病院
美容院
病院
病院



「び ょ(よ) う い ん 」ばかり!


ただ、病院に関しては、親の付き添い。
親に頼まれ、必要だから行く訳ね。
決して、出歩きたいからでは無いよ。
逆に私は「外出したくないタイプ」だからさ…。





先日、母の付き添いで皮膚科へ行って来た。


最初は耳の後ろが荒れ。
首、肩と徐々に広がり…。
「かゆい!かゆい!」
ダニの時と一緒で
母が身体中掻きむしり。
傷が出来、そこから液体が滲み出し。
この繰り返し。
遂には、腰と背中迄ただれてしまった


去年、皮膚科で薬を貰ったのだが。
薬嫌い、努力をしない母の為、殆ど付けず。
(我々は知らなかった)
かゆみ止め、色々な塗り薬を買って付けるが効果は無く。


そうこうしている内に、コロナ自粛。
六月になり、ようやく皮膚科へ行けた。


今回、付き添いのつもりだったが。
私も顔のイボと鼻の下の赤みが気になり。
ついでだから、診て貰う事にした。


自粛明けなので、人は少ないかな?
早目に行くし、すぐ診察だよね?
と思ったが、既に数人おり。
(多分、この方達も重症だと思われる)
診察まで三十分近く掛かった


私の診察は
「薬出しておくね~」
すぐに終了。


母の方は、炎症が酷過ぎて
医師も驚いており
その場で薬を塗ってくれた。


何というか…。
看護師さんて凄いわぁ。
家族の我々でも触るのを躊躇うのに…。
素手で塗っていたよ。

まあ、躊躇いながらも…
父と妹は薬を塗り、触っていたが。
私は肌が弱いので危険だから触れず。

他人のただれた身体を触るのは…
余計気持ち悪いよね。偉いね。尊敬するね。
まぢ、看護師さんに感謝したわ。


そして最後、医師から
「お母さんは、暫く通って!
また二週間後に来てね!」

と言われ、青ざめた。


くっそ~!
外出の中でも病院が一番嫌いなのに…!!
また付き添いで行かなきゃだよ!!!


病院通いは、まだまだ続く~。(゚うェ´。)゚


テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

父の左目手術日

5月28日、木曜日。
早いもので、父の右目手術から一週間が経過。
この日は、左目の手術だった。


先週、右目手術前。
「来週、左目手術の時は一人で行くぞ!」
父は元気に宣言していたが…。


手術後。
「やっぱり誰か居てくれた方が安心だなぁ…」
弱々しい声で、呟いていた。
最初から付き添うつもりだったので問題は無く。
寧ろ、よく一人で行こうと思ったなぁ…。
私なら、最初から付き添いが必要だよ…。
父の宣言の方が不思議だった。


当日は、自粛解除後の為。
「ラッシュか?乗れないか?」
心配したが、まだ電車は空いていた。(助かる~)


前回と同じ様に、徒歩と電車で病院へ到着。
今回は、開院時間後だったので待つ事なく入れた。
そして、またもや検温と問診票の記入。
お互い疲れるね、コレ


私は、先週と同じ。
眼科前で座って待つのみ。
眠いので軽く寝ていた。


父は、何度も目薬、血圧、レントゲン。
必要な検査をしており。
「じゃあ行って来る!」
再び看護師さんと手術室へ向かってしまった。


左目は割と簡単に終わると聞いていたが…。
大変だと言われていた右目より時間が掛かった。
右目は45分。左目は約1時間。
何故だろうね?
恐怖は一瞬で終わって欲しい。。。


手術内容も前回と一緒。
目の中の水(?)の入れ替えとレンズを装着。
針で何度も何度も突かれ…。
右目の手術より痛かったそうだ。
もう、聞いているだけで発狂しそうなので
父の説明を詳しく聞いてなかった


今回も目にカプセルらしき物をかぶせ。
大きな絆創膏みたいな物で留めていた。
会計後、問診票を出し、薬局で薬を貰った。



「昼食でも買って行くか!」
散歩を兼ねて少し歩き、駅まで向かった。
チラホラ食べ物屋は開いているものの…
食べたい物がなく、結局かなり歩いてしまった。


2020年5月28日みなとみらい21

▲途中、『みなとみらい』を通ったのでパチリ!


そこから電車に乗り、地元の駅へ。
昼食を買い、必要な物も購入し。
「晴れているし、運動不足だから歩こう!」
家まで歩いて帰った


良い散歩になったけど…。
父は手術後なのに大丈夫なのか?
麻酔が効いていたせいか痛みは無く。
帰宅まで元気だったけどさ。
夜には「目が痛いなぁ」と言っていた。
(手術後なのに老人が無茶し過ぎだよ!)


前日に検査。
当日は手術。
翌日は検査。

終わりかな?と思ったけど…。
若しかしたら、もう一度手術するかも、と。


今のところ、保留みたいだが…。
痛そうな手術なので、辛いよぉぉ。・゚・(゚`ω´゚)・゚・。


テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと
ジャンル : 日記

父の右目手術日

5月21日、木曜日。
予定通り、父が右目の手術をした。


当日は早起きし、通勤時間に出発。
だが神奈川県は、まだ自粛中な為…。
電車は空いており、何というか、ちょっと助かった。
時間的には、スーパーラッシュタイムだからね。
ホント、良かった。


一度、乗り換えたが、割と近い病院で。
電車もスムーズ、あっという間に到着した。
けれど、病院が閉まっており、まだ入れず。
数人並んでいて、皆注意されないのに、間をあけ立っていた。


この日はスプリングコートを着て行ったが、とても寒く。
並んでいる人達は、老人が多かったので怒り始め。
途中、出て来たオジサンに文句を言っていた!
それでも時間ピッタリに開いたので、中年の私も辛かった


中へ入ると前回同様、健康調査
週に二回も調査されるなんて…。
付き添いも楽じゃない!


消毒、検温。
温度計は触らず(?)首で測るタイプ。
一瞬で検温終了。
外が寒かったので36.2度だった。
あとは簡単な問診票。
帰りに箱へ投函するだけ。
こんな事を毎日やっている病院の人は大変だ…。


私が病院内でした事と言えば。
付き添いなので、眼科前で待つだけ!
眠れないし、スマホも弄れないし、ボーっとしていた。
眼科の患者さんは、老人が多かったが。
若い男女もチラホラいた。


父は、というと…
この日までに、何回も通院し、時間を掛けて
目に六回も注射して来た。
(イタタ…


手術当日は、時間通りに検診が始まり大変だった!
コロナの影響で、もう一度レントゲンを撮らされ。
何度も目薬を差され。
何回も血圧を測定し。
(血圧が高く、薬を飲んでいるが、朝飲み忘れ
そのせいで何回も測る羽目に…)


水分補給し、トイレで出し。
いよいよ手術開始!
「行って来る!」
看護師さんと共に手術室へ向かった。
父は全然余裕そうに見えたわ。
私なら震えつつ、ブツブツ言うが…。
とても静かだったよ。


手術は右目だけなので、約45分で終了した。
高齢なのと心臓が弱く喘息持ちなため。
「万が一、心臓が止まったら死ぬ!」
と言われていたが…
どうにか元気で、無事に歩いて戻って来た!!
目に大きな絆創膏と覆い(?)が痛々しかった……。


手術の詳細は不明だけど。
目の中に、水晶体レンズと水を入れたらしい。
「針みたいなのを目に刺されて~云々~」
(´つヮ⊂)うおぉぉぉぉ!!
聞いているだけで、目が痛くなり、苦しくなってくる。
激しい精神攻撃だよ。立っていられないよ。ガクブルするよ。


薬局で薬一式を貰い、店で昼食を購入。
病院前から、タクシーで帰宅した。
付き添いの私が疲れたからね。。
父は、もっと疲れたろうなぁ。。。


あとは今日、術後の検査。
覆いみたいな物と絆創膏は取れた。
目は普通そうに見えた。
「痛い」とは言っていたケド…。


そして、一週間後は左目の手術
前日に検査をし、手術、翌日検査。
こんな恐怖が、まだ続くのか…。
コワイ、コワイ。。。



皆様は、目を大事にして下さい!


テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと
ジャンル : 日記

もの忘れ外来へ(五回目)

今日は、二ヶ月振りに母を病院へ連れて行った。
脳神経外科の「物忘れ外来」
認知症の診察だ。


父の運転で、家から五分程の病院に到着。
ココで、母が、マスクをしていない事に気付く!
(ほら、もう、忘れている!)
(私達も気付かなかったケド…)


母は、「忘れたならマスクなんてどうでもイイ!」
と言っていたけど、今はヤバイ!
「取りに行って来るから、先に受付を済ませといて!」
父に言われ、母と二人、先に病院へ入った。


そして、前と全然違っている事にビックリする!
・入口で手の消毒
・体温計を渡され測る
・体調確認票に記入

(名前、体温、体調に関しての質問)

体温計は、脇の下で測るタイプだが…。
同じタイプの家にあった体温計は口に入れる物。
こんな乱雑に渡されて口に入れないよねぇ?

と迷っていたら、職員の人が近付いて来て
同じく迷っていた母に教えてくれたので
聞かなくて良かったよ


コロナ対策だと思うが
これを済ませないと入れずだった。
あと「マスク着用をお願いします」とも書かれていた!
父が家まで取りに行き、正解だった!!


受付を済ませてから父を待つ。
予約時間ギリギリに戻って来た。


どうでも良いけど、私の体温は36.9度。
母は36度くらいで、父は35度台。
「俺は老人だから温度は低いんだ!」
と言っていた。

私の平熱は、平均温度っぽい。
いつも、別に熱は無いのだが…
毎日カーッと燃えており、身体が熱いんだ、私。
冷え性では無いと思う…


時間を見る。
予約時間を五分過ぎていた。
一応、父が来る前に確かめたが、母の診察は二番目。
けど、いつも一時間以上待たされる。

多分、平気だよねぇ…。
と思いつつ、急いで診察室へ行くと…。
母の番号が表示されており、驚いた!
待ち時間ゼロ分!初だよ!!

これもコロナの影響かな?
予約患者や飛び入り患者が少ないのかも!


入口に到着した途端。
丁度、担当の美人看護師さんが出て来てくれ…
ギリギリセーフだった!
このまま順番を飛ばされると大変だからね。
ほんと間に合って良かったよ。


診察内容は、いつもと同じ。
挨拶後に、質問しながら血圧測定。


・体調はどう?

・食欲はある?

・家事やってる?

・規則正しい生活してる?

・出来るだけ身体を動かしてね!

・これから暑くなるから水分補給は忘れずに!



母の受け答えも前回と一緒。
「元気元気!」
「食欲が有り過ぎて困ってるの!」
「家事もやり過ぎて怒られてるわ!」
「いっぱい寝て、散歩もして、水も飲んでる!」
「耳がちょっと遠くて困っているのよねぇ」



めっちゃ頑張る人間をアピールしていたが…。
怠け者で、食べまくり。
薬も言わないと飲まないし。
家事もサボる事ばかり考え、一日中寝てる。
これを聞いている父は苦笑いしていたわ


それで、今回で最後にしようと思い、父が聞くと…。
「薬は飲ませた方が良いので、また来て欲しい」
と言われてしまった。


診察しても、薬を飲んでも
認知症が完治する訳じゃ無い。
薬は認知症の進行を遅らせるだけ。
でも飲まないよりは良い。

そんな事を言われた。


診察時間、五分。
今回もサクサク進んだ。
毎回こうだと良いのに…。
もう待つのは嫌だー!!!


会計も数分で終了。
薬を貰い、帰宅した。


母は、殆ど何もしていないが…。
疲れたを連呼し、グッタリ。
「俺の方が年上なんだけど」
父がムスッとしていた(;´Д`)


次回も二ヶ月後。
七月だよ。夏だよ。嫌いだよ。
コロナ収束してると良いなぁ


テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと
ジャンル : 日記

もの忘れ外来へ(四回目)

今日は母を連れ、一ヶ月振りに病院へ行って来た。
そう!「物忘れ外来」
認知症の診察である。


けれど、またもや朝から大騒ぎ。
「もう行かなくて良いってば!
何で行くの?行く必要無いわよ!」

「そういう問題じゃない!
一ヶ月前から予約してるから行くんだ!
大体、自分の為の病院だろ!」(=_=)
父に怒られていたわ。


流れは前回と一緒。
予約時間が11時
45分も待たされ。
診察は約6分

何かオカシイ(--〆)


診察内容も、大体同じ。
挨拶して、血圧を測定。
日常生活の確認と簡単な質問だった。


・今日の日付は?

・朝ごはん食べて来た?

・規則正しい生活してる?

・風邪は引いて無い?

・お風呂は一人で入れる?

・薬飲んで気持ち悪くならない?

・これから温かくなるから、散歩してね!

お日様に当たると脳が活性化するから!
最近コロナで皆外出は避けているけど…
誰も居ない公園で太陽を浴びて来て!



あと、前にも聞いたが、おさらいで言われた。
薬は、認知症が良くなるワケではなく…。
認知症の進行を遅らせるだけだからね
、と。


こんな感じの短い会話で終了。
薬を貰って、帰宅した。



母は軽認知症だが、症状は日に日に悪化している。

・一日中寝て、起きてはテレビを付け観ている。
疲れるとテレビを付けたまま寝てしまう。

・「身体を動かして!」「少し家事をやってね!」
医者に言われた為、洗い物を頼むが文句ばかり。
食洗器へギューギューに詰めて洗剤も入れず終了。
二年半前迄は、一日中遅く迄家事をやっていたのに…。

・風呂は入っているが、身体と頭をボリボリ掻きまくる。
常に爪のゴミを取り、ゴミ付きティッシュをその辺に放置。


最近目立つ母の行動だ。
他にも細かい話は沢山あるが書き切れない。
軽認知症になる前は、綺麗好きな母で…。
上記の様な事は…。
食洗器以外やっておらず、しっかり者だった。
今は全くの別人になり、我々は驚いている。


妹の知人も、母親が風呂の入り方を忘れ…。
「ねえ、ココで何すれば良いの?」
と言われたらしい。
つい昨日まで一人で風呂に入っていた母親が
風呂にも入れなくなるのは怖いね…。
認知症って何なのだろう?




次回は、二ヶ月後。
コロナの事があるので、月一は止めた。


所で、マスク不足の割に…
ほぼ全員の患者が病院でマスクしていたわ。
皆さん、何処で入手しているのかしらね?


テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと
ジャンル : 日記

もの忘れ外来へ(三回目)

今日は、軽認知症の母を病院へ連れて行った。
そう!もの忘れ外来、一ヶ月後の検診だ。


朝、父が母を起こすと…。
「え?病院?行かないわよ!
そんなに何度も行かなくて良いの!」

勝手に決めていたが、予約済みだよ。
母の為に我々が頑張っているのに…。
本人がコレって何だろうね?


予約は11時。
今回も当然の様に待たされ、遅れる。
呼ばれたのは、12:25だった。
まぁ、医師も昼食を後回しにしているからね。
文句を言っちゃ駄目だね。
なので、不満をココに書いてしまった。


診察は、簡単な質問だけ。
日常生活を聞く、といった感じ。
血圧も測り、これは正常だった。


・身体の調子はどう?
→とっても良いわ

・薬飲んで具合悪くなってない?
→平気よ~

・食欲はある?
→有り過ぎるくらいね

・三食、朝昼夜に食べてる?
→ええ!
※三食以上、変な時間に食べている

・眠れている?
→大丈夫よ~

・夜中に起きてトイレへ行く?
→一回くらいね
※寒い日は数回起きている

・散歩はしている?
これから桜の時期だからお花見してね。

→散歩は毎日してるのよ
※最近は寒いと家から出ない

・体重は量ってる?
毎日でなくても良いから量ってね。
体重は増やさないように!

→体重計は家にあるから毎日量っているわ!
※全く量ってない


母は、軽い認知症なのだが。
たまに、息を吐くように嘘をつく時がある。
今回は、スラスラと嘘をついていた
こういう時、本当に認知症かな?と思ってしまう(;^_^A


診察は約五分。
やっぱり短いよ。


担当の看護師は、例の美人さん!
声も綺麗で仕事も出来て、完璧だわ


支払い後、薬を貰い、車で帰宅。
何だか、とても疲れてしまった。


母は認知症になり、色々変化した。
本当に別人の様になってしまった。
けど母だけでなく、父も私も皆もいつかは…。
そう思うと他人事では無い話よねぇ



次回も一ヶ月後。
多分、薬も病院も意味は無いが…。
また検診に行って来る!


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

もの忘れ外来へ(二回目)

二週間前。
もの忘れ外来で母を診察して貰い。
先日の月曜日。
薬が合うか報告しに行って来た!


今回は、11時に予約。
が!当たり前の様に50分も待たされた!
11時50分に呼ばれるって、どうよ?


前回と一緒で脳神経外科の男性医師。
感じが良いオジサンなので何となく安心。


私が気に入っている美人看護師さんも居た
何故、美人で、声も綺麗で、スタイルも良い人が存在するのか?
自分を見ると悲しくなってくる


診察は、大体こんな感じ。


「お試しで飲んだ薬はどうか?」
→特に薬を飲んで気持ち悪くなる事は無い!
「今回は、通常サイズを一ヶ月分出しておく。
次回、また様子を見せに来て欲しい」



後は、認知症検査?確認?だった。


「今日は何日?」
→分からない
「今は何月?」
→1月(正解)
「今日は何曜日?」
→火曜日(今日は月曜)


「新聞読む?」
→毎日読む、大好きなの!
(これは本当)
「それは良かった!
次回、その日の一番のニュースを聞くから覚えといて!
毎日読むなら新聞を開いた時に日付も確認してね!」



「掃除してる?」
→掃除は大好きで毎日しているの!
(数年前の記憶/今は全くしてない)
「窓拭きしてる?」
→年末は全部窓を拭いたわ!
(これも数年前の記憶/今は全く拭いてない)
「毎日、ココからココ迄と決めて
少しでも良いから掃除をしてみてね!」



「お昼寝してる?」
→してないわ
(してる。一日殆ど寝ている)
「朝起きて夜は寝てる?」
→うん
(遅く起きて、また寝て、一日中寝てる)
「朝起きて、昼寝はせず、夜寝る!
という規則正しい生活をして、リズムを崩さないように!
散歩もして、身体を動かしてね!」



「間食してる?」
→お菓子は、あまり食べて無いわ
(めっちゃ食べてる)
「間食はしないでね。
太らないように気を付けて!
足の負担が大きくなると大変だよ。
毎日体重を測ってね!」

(ここ二年で一気に太った/全身ブヨブヨ/親方みたい)


「じゃあ今日は終了。
次は、一ヶ月後に来てね!」


予約時間もズレ、沢山待ったのに…。
診察は約五分だった!


「他の患者は、時間が掛かっていたのにな」(ブツブツ)
「きっと他の人は、もっと重症なんだよ!」
父が言っていた。


支払い後、薬を買って帰った。


数年前までは
「認知症にならぬ様に頑張るぞ!」
と気を付けていた母がコレだ。
誰もが認知症になりたくて、なる訳じゃ無いから辛いね。


毎回、父に
「お前の未来の姿だぞ!」
と脅される。
私も、いつ発症するか分からないから怖い。。。



次回は一ヶ月後。
薬が効いていると良いのだけど…。
恐らく気休め程度の効き目だろうなと思う


テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

もの忘れ外来へ

去年、母の認知症検査をしに行ったが…。
認知症科は無い為、『もの忘れ外来』を予約。
昨日、両親と三人で検査へ行って来た!


男性看護師の問診から始まり。
医師の診察では日常生活を聞かれ。
この時点で、「軽い認知症」と診断された。

まぁ、年齢を一歳間違え、曜日も分からず。
幾つかの事も「分からない」「忘れた」を連発し…。
父と私に、普段の態度と言動を聞かされたら…。
認知症と診断されても仕方無いよね


MRIを撮った後。
(待ち時間長かった~)
別の医師より、テストをして貰う。


・名前、年齢、日付→これは言えた。
・曜日→二度目の質問だが、また分からず。
・引き算→「100-7=?」延々と「7」を引く引き算。
途中で間違え、半分もしない段階でギブアップ。

・住んでいる地域(分かり易い説明有り)→答えられない。
※関東地方だが、地域が分からなかったみたい。
・三つの単語→逆から言う。
後程、三つの単語を質問されるが、忘れてしまう。

・五個の物を見て覚える、しまう→何があったか?
三個だけ答えるが、あとは忘れる。
・同じ図形を書く→どうにか書けていた。
・何でも良いから文を書く→正月の挨拶を記入していた。

・短文を読む→ちゃんと読めた。
・野菜を十個言う→「人参、ゴボウ、カボチャ」三つのみ。
・今は令和何年か?→「3年!」(2年が正解)
※これに関しては、父が隣りで「1年」と答えており…。
母だけでなく、父もヤバかったwww


他にもあったが、こんな感じの簡単なテスト。
母の台詞が面白くて、何度も笑ってしまった(^^;
けど…認知症の人には、少々難しいよね。
普通の私も、考えてしまったから。


再び診察室で、MRIとテスト結果を聞く。
脳の萎縮が少々ある。
野菜を言えないのが結果に響いている。
数字だけ見れば、酷くは無い。
けれどやはり、軽度の認知症。

という事だった。
あとは、話を聞いた。


・認知症になる原因は分からず。
ニュースでも言ってたが、治る薬もまだ無い。

・塩分と炭水化物は控えめにする。
タンパク質や野菜を中心に食べる。
・間食をしない。体重を増やさない。
(母は食べて無いと言ってたが、嘘)

・介護認定を受け、介護サービスも利用してみる。
(友人も出来る/軽い運動もしている)
・散歩をする。買い物でも良し。
引きこもらず、外に出る。
・規則正しい生活をする。
(朝起きて夜寝るのは大事)

・暫く、薬で様子を見る。
副作用があるかもしれない。
気持ち悪くなったら、中止して欲しい。



ついでに、異臭の事も聞いてくれたので説明。
でも、やはり「分からない」との事。
ただ、認知症で異臭がする事は無いそうだ。
(前にも言われたケド)
ニオイを伝える手段があると良いのにね


以上で、診察終了。
今迄で、一番良い先生だった。


この日は予約をしたけど、待たされた。
混雑している感じはしなかったのに…。
なるべく病院へは、行きたくないね。


そうそう!
前に担当してくれた美人看護師が、また担当してくれた
何度もチラ見しちゃったよ~(๑′౪‵๑)



次回は、二週間後。
薬の効果を確認するそうだ


テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

プロフィール

※似顔絵ではありません

獅子乙女

Author:獅子乙女
救いようのないOTAKUです。
アニメが中心にまわってます。

漫画やゲームからも離れられません!
キャラクターに一日中萌えてます。
アニソンばかり聴いております。
声優さんを崇拝しています。 

人間として堕落しヤバイです。
ちょっぴり腐敗し危険です。
妄想が大好きです♪

「一般人の振り」
をしている隠れヲタクやってます。

ブログ開設十年以上!参加してみました♪

気が向いたら、宜しくお願いします。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

※毎日更新が目標です

カテゴリ

▼コチラが古い記事となってます♪

月別アーカイブ

※なが~く続けられたらいいなぁ

ブロとも一覧


しまじろうアニメの検証と考察

リンク

最新トラックバック

アクセス・カウンター

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード

amazonちゃんのエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる